事業・サービス: 通い

Rapport FUJISAWA “Zengyo”

2019年4月に移転し、小田急線「善行」駅から徒歩2分ほどの場所に開設しました。駅チカの好立地にある特別養護老人ホームです。建物には、特別養護老人ホーム100室とショートステイ20室があります。地域に開かれた施設を目指し、1階には大きなラウンジがあります。コンサートを開催したり、地域の方向けの勉強会を開催したりと様々です。

TEL

0466-83-4165 (代)

FAX

0466-97-3667

所在地 〒251-0871 神奈川県藤沢市善行1-12-9
アクセス

小田急線・善行駅(西口)から徒歩2分

注)自動車で来所される場合、「0466-83-4165」をカーナビに登録すると、ラポール藤沢(稲荷)地域介護センターに案内されてしまうため、カーナビには、所在地の「藤沢市善行1‐12‐9」をご登録ください。

介護保険事業所番号

特別養護老人ホーム
1472206547

ショートステイ
1472206554

特徴サービス

特別養護老人ホーム(特養)

「高齢になっても、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けたい」という思いを大切に、「施設」としてではなく「住まい」と捉え、日常生活を重視した家庭的な環境をめざしています。「最期までその人らしい生き方」をモットーに、ターミナル(看取り)ケアにも取り組んでいます。
要介護3以上の方を対象とした特別養護老人ホームです。ご入居から看取りまで支援しております。

大切にしているもの

  1. バーカウンターでほっと一息
    グラスをかたむけお酒を一杯、好きな音楽を聴きながらコーヒータイム。そんなバーカウンターで自分の時間を大切に・・・。
    たまには居酒屋ラポール藤沢で、人との交流の時間を大切にしています。
  2. 専属の美容スタッフがいる美容室でお洒落に
    週5日専属の美容スタッフがいます。
    パーマ、カラー、男性もお洒落にヘアーセット。
    いくつになっても自分らしく身だしなみを大切に。
  3. 人権の尊重を起点に設計された特別養護老人ホーム
    全個室にはトイレを設置しました。

ショートステイ

地域で、在宅で過ごされている高齢の方々が、特別養護老人ホームでの生活を体験してみたい、入居施設の順番を待っている、病院から在宅にそのまま戻るのは心配などの時、また、日頃介護をされている家族の方々の体調不良や冠婚葬祭、出張、旅行等で数日家を空ける、介護疲れで少し休養を取りたいなど、在宅で何らかの介護を必要とする高齢の方々を一時的にお預かりし生活の場を提供する施設サービスです。
要支援1~2、要介護1~5の要介護認定を受けた65歳以上の方が対象ですが、40~64歳の特定疾病により要介護認定を受けた方もご利用になれます。
利用定員は20名です。ご利用の際の送迎も行います。是非ご利用ください。

大切にしているもの

  1. 富士山を眺めながら日光浴
    天気のいい日には新鮮な空気を吸いながら屋上テラスで日光浴ができます
  2. 一人でお風呂タイム
    我が家のように、一人でゆっくり入浴タイム。
  3. 楽しい時間を過ごす
    利用中に、栄養バランスでしっかり食を楽しみ、入浴で心身をリラックスさせ、そして皆さんとの会話を楽しむことは大切なケアです。

ラポール藤沢(稲荷)は、いきいき福祉会設立後初の特別養護老人ホーム、デイサービス、相談、一時入所等を担う施設として1994年5月に開設しました。特別養護老人ホームは2019年4月にラポール藤沢(善行)に移転し、現在は、デイサービス、居宅介護支援、在宅介護支援センター事業を行っています。ユニークな建物は地域でひと際目を引きますが、ラポール城南とともに、藤沢市における在宅福祉のランドマークを目指しています。

TEL

0466-83-2929(代)

FAX

0466-83-1769

所在地 〒251-0862 神奈川県藤沢市稲荷345番地
アクセス

小田急江ノ島線藤沢本町駅徒歩15分
神奈中バス引地橋下車徒歩10分

介護保険事業所番号

デイサービス
1472200334

ケアプランセンター
1472200094

特徴サービス

デイサービス

自立した生活が送れるよう、体操や個別機能訓練、バランスある食事の提供、地域の皆さんとの交流を通じ、社会の一員である生活を大切に支援します。
要支援または要介護の方で、定員は40名です。

大切にしているもの

  1. 個別レクリエーション
    自分のしたいことで、“自分を愉しむ”。
  2. 季節を肌で感じ、歩行力もUP!
    デイ建物周辺は、四季折々の草花に囲まれ、散歩を愉しみながら歩行力も強化。
  3. まだまだ元気!
    “出来る事は自分で” 配膳やお茶出しもお任せ。

居宅介護支援

高齢期や障がいのある方が、住み慣れた地域で暮らし続けられるよう医療や介護、地域の力を組み合わせて支えていくためのケアプランを作成しています。介護保険、医療保険、障がい者支援施策のほか、自治会や民生委員など地域の方々との協力も得て生活を支えます。

大切にしているもの

  1. 社会福祉士や認知症ケア専門士、介護福祉士など様々な分野で経験を積んできたケアマネジャーが在籍
    社会福祉士、介護福祉士、認知症ケア専門資格などを有するメンバーから成り、主任介護支援専門員も複数在籍しています。
    日々研修を重ねスキルアップを図っています。
  2. 介護保険外のサービスなどと連携してご本人やご家族にあったチームケアを提供しています
    自社サービスのみならず、地域に広がるサービス事業所の特徴を踏まえ、お一人お一人に適した支援の手とつながることができるよう日々情報収集に努めています。連携事業所は介護保険事業所だけでも200事業所を超えます。
  3. 4つの包括の地域に接しており藤沢は北から南まで広い範囲をカバー
    辻堂、明治、善行、大庭、藤沢西部の各包括の地域と接する場所に事務所を構え、社用車やバイク、電動自転車などで迅速に地域を走ってます。

在宅介護支援センター

住み慣れた地域や自宅での生活を続けられるよう、相談や福祉サービスの手続きなどの支援を専門職が行います。

大切にしているもの

  1. 必要に応じ訪問による相談もお受けします
    お困りごとがありましたら、まずはご連絡をしてみてください。

ラポール城南は多様な事業がある複合型の拠点です。
ラポールグループのケアの基本である「暮らし方にこだわり、その人らしい生き方を支える」空間として、その人が生活している地域で安心できる「居場所」を提供します。
1階には地域の方々が気軽に立ち寄り様々な活動ができる地域の縁側としてのスペースを用意しています。
住み慣れた地域での在宅生活を支える訪問介護は、日中、夜間の定期巡回や随時の訪問にも対応しており、必要に応じ看護師の派遣も可能です。
2階・3階はご自宅での生活が難しくなってきた、介護を必要とする方々のすまいとしての特別養護老人ホームを16室用意しています。
4階はサポートハウスとして朝夕、専門職の訪問による安否確認や24時間対応のコールを備えた賃貸住宅を7戸用意しています。

TEL

0466-31-0755

FAX

0466-31-0756

所在地 〒251-0057 神奈川県藤沢市城南4-9-8
アクセス

羽鳥バス停から徒歩1分

介護保険事業所番号

訪問介護
1472201597

夜間対応型訪問介護
1492200157

特別養護老人ホーム
1492200165

定期巡回・随時対応型訪問介護看護
1492200546

特徴サービス

特別養護老人ホーム

ラポール藤沢から車で5分ほどの場所にあります。ユニット型(個室)特別養護老人ホームです。
藤沢市内に住所がある方で、要介護3以上の方が対象になります。
定員16名。建物の2階と3階に各8部屋あります。
1フロアー8名と少人数な施設なので、とてもアットホームで家庭的な雰囲気です。

大切にしているもの

  1. アットホーム
    1フロアー8名の2フロア合計16名の少人数の住まいです。少人数だからこその家庭的なケアができます。
  2. 地域とのつながり
    1階には「地域ささえあいセンターかるがも」があり、歌のサロンや演奏会などのイベントや、囲碁将棋・俳句・書道・手芸などの趣味活動にも自由にご参加いただけます。
  3. 人権の尊重を起点に設計された特別養護老人ホーム(特養)
    全個室にトイレを設置しています。トイレに行きたい時に、順番を気にすることなく行ける環境を作っています。

訪問介護

いつまでも安心して暮らし続けることができるよう、ご自宅に訪問し、身体・生活支援を行います。
辻堂・明治地区を中心に、総合事業・訪問介護・自立支援事業を地域に密着して行っています。
地域の介護事業者、併設の夜間対応型訪問介護と連携し、在宅生活を支えます。

大切にしているもの

  1. その人本位の支援を実践するため事業者間の情報共有を大切にします

夜間対応型訪問介護

藤沢市で唯一の夜間対応型の訪問介護サービス事業所です。
「夜間何かあったら」という時の相談通報、介護が必要になった際の随時訪問、定期的な訪問があります。

大切にしているもの

  1. 「夜間何かあったら」という不安が無いようにサポートします
  2. 24時間の支援の視点を大切にします

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

城南・羽鳥・明治・本町地区などを中心に要介護1~5の方の介護サービス及び看護の提供を通じ生活全般の支援を行っています。

大切にしているもの

  1. 笑顔と優しい声掛けを大切にしています
  2. ご家族・地域住民の方々との暮らしを大切にします
  3. 地域の他事業者との連携で利用者本位に支援します

サポートハウス城南

ラポール城南の4階に7戸ある見守り付きの賃貸住宅です。
施設でもなく「自分らしくいきいきと暮らし続ける」ことができる住まいは介護認定を受けていない方もご利用できます。

大切にしているもの

  1. 24時間対応
    職員が朝・夕安否確認を行います。
    お部屋にはキッチン・バス・トイレがあり、24時間対応できるコールが全戸対応可能です。全7戸です。
  2. 地域とのつながり
    1階にある「地域ささえあいセンターかるがも」では地域の方との交流が盛んに行われています。趣味や健康づくりなどのさまざまなサークル活動にも自由にご参加いただけます。

明治地区地域ささえあいセンター かるがも

ラポール城南の1階で、藤沢市より委託を受け、住民同士のつながりや絆を大切にし、お互いの暮らしを協力して支え合う「地域の縁側」、地域ささえあいセンター「かるがも」を運営しています。生活支援コーディネーターが様々な関係機関と連携しながら、ささえあいの地域づくりを行います。

大切にしているもの

  1. 老いも若きもいきいきと学び合い
    健康づくりの体操・ヨガ等の各種教室や俳句・囲碁将棋・手芸・書道・アートなど文化的活動の場を提供しています。歌のコンサートや楽器の演奏会などのイベントや生活に役立つ講座なども開催しています。
  2. 地域交流の場として
    多世代型の居場所「みんなのいばしょ」としても開放しており、地域交流の場となっています。かるがも食堂ではワンコインで温かな食事をご用意しており、世代を問わずわいわいと食事を楽しむことができます。

藤沢市就労準備支援事業共同事業体

生活困窮者自立支援法に基づき、2016年度に始まった事業です。藤沢市から委託を受け、一般社団法人インクルージョンネットかながわとの共同事業体として実施しています。
働くこと、生活のこと、人と関わることなど様々な課題を一緒に考えサポートしていきます。

大切にしているもの

  1. ご本人の状況やペースに合わせてオーダーメイドのサポート
    決まったプログラムに合わせるのではなく、お一人お一人に合わせた就労準備支援を実施しています。焦らずじっくりと、たまに立ち止まったり、ゆるゆると。
  2. 地域の中で一緒に生きる一員として地域を育む(共に地域を育む)
    私たち職員も、サービスを利用する皆さんも地域の一員として生きています。地域の活動をサポートしたり、地域の困りごとを自分事として一緒に考えていきます。
    生活の中の生きにくさを共有し、企業や団体と連携して活躍の場を広げています。
  3. いろいろな体験の場づくり
    すぐに就労するのは不安がある方には、ボランティア活動、職場見学、就労体験の場があります。まずは、ご本人の興味があることやトライしてみたいことからスタートできます。必要に応じてスタッフも同行できます。

藤沢市居住支援事業

賃貸住宅への入居に係る相談や情報提供などを行います。不動産店や行政などと連携しながら住まい探しの困り事をサポートします。

大切にしているもの

  1. 相談者の方と一緒になって課題を見つけ、お部屋探しのサポートをします
    直接お会いしてお話を聞かせていただき悩み事や課題を整理します。そして必要なサービスの提供や条件に合う不動産物件の紹介に繋げます。
  2. 必要に応じて内見の同行や物件選びのサポートをします
    居住支援法人の活動は、住居物件の紹介だけではありません。
    様々な生活相談も含めて物件選びには必要に応じて同行させていただきます。

ラポール西寺尾は、年齢を重ねても、一人暮らしになっても、認知機能が衰えてきても、住み慣れた地域や住まいでできる限り生活し続けることを様々な形で支援していきます。

1階は26名の要支援から要介護の方々を日々お迎えするデイサービス、2階は3名の認知症の方々をデイサービスでお迎えし、6名の認知症の方々が暮らすグループホームで共に過ごしていただきます。木の温もりを感じられる小規模な空間でゆったり安心して過ごしていただくことができます。
サポートハウスのカントゥ・西寺尾は、ラ・クラッセ西寺尾にお住いの方々で、ご希望のある方に朝夕の安否確認と生活に関する相談、何かあった時にサポートできる体制を整えております。警備会社の緊急通報システムも導入しております。

ライフサポートアドバイザー(LSA)は横浜市の委託を受け、高齢者用住宅の緊急時の連絡や週1~2回の生活援助員派遣により安否確認や様々な相談に応じています。
居宅介護支援事業所も併設しています。高齢になっても、お一人でも安心して生活できる心地よい居場所であるよう支援していきます。

TEL

デイサービス
045-439-5122

グループホーム
共用型認知症対応型通所介護
045-434-7712

サポートハウス「カントゥ・西寺尾」
045-433-4188

生活援助員派遣事業・ケアプランセンター
045-438-3350

FAX

デイサービス
045-439-5101

グループホーム・共用型認知症対応型デイサービス
045-434-7712

サポートハウス「カントゥ・西寺尾」
045-438-3349

生活援助員派遣事業・ケアプランセンター
045-438-3349

所在地 デイサービス
グループホーム
共用型認知症対応型通所介護
〒221-0001 神奈川県横浜市神奈川区西寺尾3-22-5

サポートハウス「カントゥ・西寺尾」
生活援助員派遣事業
ケアプランセンター
〒221-0001 神奈川県横浜市神奈川区西寺尾3-25-19
アクセス

JR横浜線 大口駅下車 徒歩15分
JR京浜東北線・京浜急行線 新子安駅下車(北口
バス:213系統に乗車→「駒形天満宮」下車→徒歩3分

介護保険事業所番号

グループホーム・共用型認知症対応型デイサービス
1470200880

デイサービス
1470200906

ケアプランセンター
1470202241

特徴サービス

デイサービス

四季折々の季節行事を盛り込み、木の温もりあふれるフロアでゆったり、楽しく過ごしていただけます。
対象は要介護・要支援の方で、定員は26名です。

大切にしているもの

  1. 可能な限り自宅で自立した日常生活を送れるように
    自宅にこもりきりの孤独感の解消や心身機能の維持向上を図るとともに、家族による介護の負担軽減等を目指します。
    要支援の方には将来介護が必要にならないよう予防的支援を行います。
  2. さまざまな活動
    機能訓練と入浴、食事、趣味活動(脳トレ、トランプ、ミッケルアートなど)ができます。入浴は、機械浴もあり、自宅で入浴することが困難な方も入浴できます。趣味活動では、小グループで気の合う仲間と楽しく活動することができます。
    *ミッケルアート:ミッケルアートには、昔なつかしい絵が描かれています。絵をきっかけに、思い出話をすることで、認知症予防に繋がります。

グループホーム

最期まで尊厳と生き甲斐をもって暮らせる、定員6名の少人数のアットホームなグループホームです。
対象となる方は、要支援2及び要介護1から要介護5までの要介護認定を受け、認知症の診断を受けている65歳以上の市内にお住いの方です。

大切にしているもの

  1. 住環境・空間作りのこだわり
    木をふんだんに使った建物はぬくもりを感じられ、まるでログハウスのようだと好評です。
    各居室にトイレ・洗面台を備え、プライベートな空間を大切にしています。
  2. お部屋にロフト?
    これまでの暮らしで大切にしてきた家具や各備品を置くロフトがあります。
  3. 日光浴
    6畳ほどのテラスがあり日光浴ができます。

共用型認知症対応型通所介護

定員3名の認知症対応型デイサービスです。グループホームの共有部分を使い、入居者6名の方と一緒に過ごして頂きます。大人数が苦手な方や自分のペースでゆったりと過ごしたい方、また、使いやすい介護保険の単位数になっているので、日数を多く利用したい方にも好評です。
対象となる方は、要介護1から5までの認定を受け、認知症の診断を受けている方が対象です。

大切にしているもの

  1. 家族の支援と共に
    大人数が苦手な方や、自分のペースで過ごしたいと思う方も安心して過ごせる空間です。
    認知症の方を抱えている家族も支えます。

サポートハウス「カントゥ・西寺尾」

「自分らしくいきいきと暮らし続ける」ための、安心感ある暮らしをサポートする仕組みです。介護認定を受けていない方も利用できます。仕事をしながら支援が必要な、ご家族と同居したいと考えている方等ご相談ください。

大切にしているもの

  1. 充実したサポート
    ラ・クラッセ西寺尾でお部屋を借りていただき、朝夕の安否確認・暮らしに関する相談・緊急時の対応を行います。
    警備会社の緊急通報システムを導入しており、夜間の緊急時も安心です。
    全室24時間対応のコール付きです。
  2. 自由な暮らし
    バリアフリーのマンションを活用しており、障害のある方でも安心して暮らせます。
  3. ご家族と一緒に
    ファミリータイプのマンションです。就労しているご家族と一緒に暮らすことができます。

ライフサポート・アドバイザー

ライフサポートアドバイザー(LSA)は、横浜市高齢者用市営住宅等生活援助員派遣事業です。

大切にしているもの

  1. 高齢者世帯の生活を支援
    横浜市の委託を受け、高齢者用市営住宅等の入居者を対象に、週に1~2回生活援助員を派遣して生活に関する相談や安否確認を行います。
    緊急通報装置による警備会社との連携や、緊急時の家族・関係機関との連携で高齢者世帯の生活を支援しています。

居宅介護支援

介護保険のご利用にあたり、相談支援を行う介護支援専門員(ケアマネジャー)がサポートします。

大切にしているもの

  1. ご利用者の要望に寄り添いながら、一緒に考え伴走します。
  2. ご家族のご要望により、土日の訪問にも対応いたします。

いきいき福祉会2か所目の特別養護老人ホームとして2009年4月に開設しました。
横浜中心街からバスで15分程の高台に立地し、木々に囲まれた静かな自然豊かな特別養護老人ホームです。ショートステイと定期巡回・随時対応型訪問介護看護の在宅支援の事業も併設し、いきいき福祉会設立の源である生活クラブ生活共同組合が目指す参加型の様々な方々もパートナーとして関わっていただき、運営を行っています。

TEL

045-337-3366

FAX

045-337-2266

所在地 〒240-0061 神奈川県横浜市保土ケ谷区峰沢町325-1
アクセス

横浜市営地下鉄ブルーライン・三ツ沢上町駅下車 徒歩約17分
JR・私鉄各線・横浜駅(西口)下車
バス:相鉄バス 浜11系統「釜台住宅第3行き」または「上星川駅行き」に乗車→「三ツ沢池」下車→徒歩4分

相鉄線・上星川駅下車
バス:相鉄バス 浜11系統「横浜駅西口行き」に乗車→「三ツ沢池」下車→徒歩4分

介護保険事業所番号

特別養護老人ホーム
1470601343

ショートステイ
1470601350

特徴サービス

特別養護老人ホーム(特養)

高齢になり、介護が必要になっても自分らしく暮らしていきたい。
そんな気持ちを大切にし、自分の住まいとして生活していける「終の棲家」の提供を目指しています。
生活の空間は全室個室のユニット型で、トイレ、洗面所を全ての部屋に設けています。
1階には、寛ぎの空間として、入居される方々とご家族や地域の方々との豊かな時間をお過ごしいただける食事等のできるバーカウンターやグランドピアノも設置しています。
入居には、要介護3以上の要介護認定を受けた方が対象で、横浜市の申し込み手続きが必要ですが、いつでも入居のご相談に応じております。
定員は90名。

大切にしているもの

  1. バーカウンター
    ほっと一息。自分の時間を大切に・・・。人と人とが交流する時間を大切にしています。
  2. ラウンジ
    定期的に絵画や写真を入れ替え、設えに工夫をしています。
  3. 人権の尊重を起点に設計された特別養護老人ホーム(特養)
    全個室にはトイレを設置しました。

ショートステイ

地域で、在宅で過ごされている高齢の方々が、特別養護老人ホームでの生活を体験してみたい、入居施設の順番を待っている、病院から在宅にそのまま戻るのは心配などの時、また、日頃介護をされている家族の方々の体調不良や冠婚葬祭、出張、旅行等で数日家を空ける、介護疲れで少し休養を取りたいなど、在宅で何らかの介護を必要とする高齢の方々に、一時的に住まいの代わりとして生活の場を提供する介護施設サービスです。
利用定員は10名です。ご利用の際のご自宅との送迎も行います。是非ご利用ください。

大切にしているもの

  1. 対象となる方
    要支援1~2、要介護1~5の要介護認定を受けた65歳以上の方が対象ですが、40~64歳の特定疾病により要介護認定を受けた方もご利用になれます。
  2. 楽しい時間を過ごす
    利用中は、栄養バランスやその方の食事形態に合わせた食事の提供や入浴、ご利用の皆さんとの会話やレクレーションを通じ、楽しい時間をお過ごし頂くことができます。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

24時間365日安心して生活ができる様に介護・看護サービスを提供いたします。
対象となる方は、保土ケ谷区・神奈川区・中区・港北区にお住いの方で要介護1~5の方。

大切にしているもの

  1. 緊急の対応
    通報装置をご自宅に設置し、三ツ沢の介護職員、連携している看護職員が駆けつけるサービスも行っています。
  2. 介護力
    特養経験者が対応します。看取りまで幅広く対応できます。

横浜市認定就労訓練支援事業

生活困窮者自立支援法に基づき、2016年度に始まった事業です。横浜市より認可を受け、就労訓練を行っています。

大切にしているもの

  1. 就労に必要な技術と知識を養う
    本人にできることから少しずつ始め、就労に必要な技術と知識を養います。